Home>ブログ

太陽のまちでサッカーをしてきた件

岡山県は「災害が少ない県」と言われていた通り、今までも災害の影響も少なく今回の災害は「まさか」の一言につきます。私自身は鳥取県生まれでサラリーマン時代に転勤の関係で今回の災害の報道で出ていた真備町の隣町の矢掛町に二年間住んでいたことがあります。当時はまだ子供が小さかったのですが、のどかで街の人も暖かく住みやすいところでした。報道では流れていませんが真備町と同じように浸水被害があったとのことです。被災された方々へのお見舞いを申し上げるとともに早期の復興を祈っております。

話は変わりますが、7月中旬に千葉県は柏市にて開催された商工会議所青年部全国サッカー大会へ出場して参りました。


勿論プレーヤーとして。

翌日は生まれたての子牛のように足がカクカクしていたのは言うまでもありません。


柏市は「太陽のまち」と言われているらしく、空気が体の上に覆いかぶさってくるような暑さの中で頑張ってプレーして来ました。ケガ無く終えたこと何よりです。
写真はJリーグ:柏レイソルのホームスタジアムです。ここでプレーできるのは決勝戦のみ(我々は予選リーグ敗退)でしたので、メインスタンドで開催された懇親会の際に撮影したものです。二日目の試合終了後はレイソルのホームスタジアムのプレスルームで商工会議所主催のJリーグホームタウンサミットで話を聞き、二日間の楽しい思い出を胸に無事に岡山への帰路につきました。

月一更新のブログですが頑張って頻度をあげよう!

今日も無事に一日が終えられたことに感謝。
ありがとう。