Home>ブログ

思い→想い→念い。

はて、なんのことやら...。

 

 

私の母親の兄は今から約半世紀前に移民としてブラジルに渡りました。

小さい頃にブラジルから色々と送られてきて、ブラジルのコーヒーを飲んだこと覚えがあります。

子供心にマズかった。(ごめんなさい)

小学校の高学年でサッカーを始め、中学一年生となりサッカー部に入部しました。

六月にたまたま家に早く帰る機会があり、NHKでサッカーのワールドカップを放送していました。


1982年のスペイン大会です。元サッカー日本代表監督のジーコが現役で最盛期だったかな。

その当時のブラジル代表は強くて美しいサッカーで今でも語り草になるチームで、私もテレビを見ながら強烈な印象を受け、それ以来ブラジルサッカーの虜になりました。

その年のクリスマス。学校から家に帰ると箱があり、なんと中身はブラジル製のサッカーシューズでした。

ブラジルの叔父さんからのプレゼントでした。今と違って当時は海外製のサッカーシューズなど珍しく、とても嬉しかったのを覚えています。

それからというものブラジルサッカーに関する本を買って読み漁り、カズとヤスの三浦兄弟のブラジル留学本を読んでは「ブラジルとはどんなところ?いつかブラジルに行ってみたい!」と考えていた覚えがあります。

母親から行ってもいいと言われたことがありますが、まだ中学生だっただけに怖くて行けず...。

 

 

それから25年後...。

 

 

思い→想い→念い。

強くなれば強くなるほどに、まるでそれが運命のように手繰り寄せるんでしょうね。

長年の夢だったブラジルへ行く機会が訪れました。

静岡の日系ブラジル人の方の紹介でSEパルメイラス(ブラジルサッカー界ではビッグクラブ)のフットサル部門に一週間ほど滞在させてもらえることに。

小学六年生の息子と二人で26時間かけて地球の裏側へ行きました。

ブラジルでは叔父さんや従妹と再会したり、南米クラブNO.1を決める大会を観戦したり(色々な方の計らいでVIP待遇!)、練習や試合に帯同させてもらったりと中学一年生以来の夢が叶いました。

ある日は、監督から「折角サッカーの勉強に来たんだから、見学ばかりでなく体感してみろ(と言われたらしい)」と言うことで短い時間でしたが紅白戦に出場させてもらいました。

彼らは生活がかかっています。日本の、それも38歳のオジさんなんか邪魔くさくて仕方なかったんでしょうね。

パスなどくれず、ましてやボールなど一度も触ることなく終了~。

「これが空気の様な存在なんだ!」とはるばる地球の裏側まできて実感させてもらえました。

しかし、練習などでは全体練習終了後に監督が独自にレクチャーをしてくれたり、ケガ明けの選手と一緒に軽く体感させてもらったりしました。

練習中はブラジル人は私には厳しかったのですが、うちの息子に対しては”と・に・か・く”優しいの一言でした。

背も低かったので12歳よりもっと幼く見えたんでしょうね。

ガチの練習でしたが、息子が一緒にしたいと言えば混ぜてくれ(さすがに紅白戦はダメでしたが)、選手も誰一人文句を言いません。

なんなら一緒に手取足取り教えてくれました。

ブラジルは女性、子供、年配に優しい国らしく、機中・空港・レストラン・ショッピングセンターなどなど、確かにどこに行っても子供には優しかったように思います。

帰国してから気付いたのですが、その年(2008年)は日本人が初めてブラジルに移住してから100周年の記念年だったようです。

その年に小さいころからの夢だったブラジルへの渡航が叶ったのも何かの縁だったんでしょうね。

 

【思い→想い→念い。】

思いを強く持つ事。

強さの分だけ実現を手繰り寄せられる。

手元に来て、チャンスだと思ったら一気に自分の方へ引っ張る。

一度きりの人生、悔いなく生きよう。

 

今日もご縁に感謝。

ありがとう。