Home>事業案内

Business Content事業案内

見積・積算とは?

"見積・積算"とは、建設業界特有の職種です。

建物を建てるのに必要な工事費を算出するために、設計図や仕様書などから材料や工事内容を抽出し、その数量を算出します。ほぼ、デスクワーク中心の仕事となりますがとても奥の深い仕事です。

そのため、建築資材の相場・建築工事の工程・工法・専門用語などの知識が必要となり、非常に専門性の高い仕事のひとつだと言えます。

昨今のコンピューターの発達により、扱いやすい積算用のソフトも開発されており、未経験からでも人材を採用する企業もあります。

見積・積算は顧客の要望通りに工事を進めると予算をオーバーすることがあります。

予算内で建築物を完成させるためには、その方法やアイデアを求められることもあり、関わった建物が無事予算内で完成した時には顧客から感謝され、達成感を味わえます。

また、建設会社社内においては積算額が工事物件を受注できるかどうかを左右することもあり、遣り甲斐に溢れ非常に大きい役割を担っているといえます。

その反面、小さなミスが最終的に大きな金額のズレに発展し受注機会を失ったり、追加請求により建築主に多大な負担が発生したりと、責任の重い仕事であることも事実であり、非常に重要な職種であるといえます。

仕事の流れ

仕事は建設会社・設計事務所から下図のような流れで業務を委託されます。

VE:バリュー・エンジニアリング
目的物の機能を低下させずコストを縮減する、又は同等のコストで機能を向上させるための技術。