Home>ブログ
Archives

過去、現在、未来・・・

こんにちは、社員Yです。

先日のコロナによる休校期間中に、

大量の宿題に取り組む長女が自由奔放に遊んでいる3歳の長男を見て

「いいなぁ~、〇〇くんは。好きなことばっかりして。宿題とかないしさぁ。

あぁ~あ、私もあの頃に戻りたい!

お母さんは戻れるとしたら、いつに戻りたい?やりなおしたいこととかある?」

と聞いてきました。

(そう言うあなたも十分好きなことばっかりして私には羨ましいですけど!)←心の声。

「そうねぇ~・・・」と言いながら走馬灯のように過去のあれこれが浮かびました。

でも、特にこれ!と思うものもなく、

「いくら食べても太らなかった頃の身体がいい!だから若い頃かな?」と

笑って話しました。

 

確かに戻れるなら・・・、学生の頃に戻ったり、今は会えなくなった人達と

もう一度楽しかった時間を過ごせたらいいな、と考えたりもしますが。

過去があってこそ現在があるので、たとえどんな嫌なことでも「過去に戻ってやり直す」

と言うのは考えられませんでした。

 

今、新型コロナによる緊急事態宣言も解除され、社会は元の生活に戻ろうとしています。

でも、決して元の生活と同じではありません。

スーパーや銀行でも感染予防から間隔を空けて並ぶことが今では普通です。

通勤途中の渋滞もコロナ前とは違います。

ですから、緊急事態宣言が解除された後もそのまま

時差出勤、テレワークなどを実施している会社が多いのかもしれませんね。

withコロナ、新しい生活様式、社会は新時代に進んでいるのだと感じます。

 

建設業界もコロナの影響を受けています。

ただ、建設業の働き方も変わってきているようです。

中には現場の仕事をテレワーク化したり、ペーパーレス化を進めている

企業があるそうです。←私には驚きです。

 

このコロナ危機に対面し、いつまでもBeforeコロナの過去に取り残されないよう

私には何ができるのか、何を進めていくべきなのか。

 

長女の一言がきっかけで、色々と考えさせられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

社内勉強会を開催する効果

社長の倉西です。
会社として本日二度目の投稿です。
一度目の投稿で本日の「理念と経営」共に学ぶ会の開催の様子を投稿してもらったので、
二度目では弊社が共に学ぶ会を開催するきっかけをお伝えしたいと思います。

弊社で共に学ぶ会を開催するきっかけとなったのは、
昨年TTを受講する前に複数の社員さんの離職があり、
「何かを変えなければ、変わらなければならない」と思い開催を始めました。

TTで学び、更に共に学ぶ会で社員さんと一緒に学ぶなかで、
私は【仕事の目的】とは「仕事を通じて、人間性を高め、
より豊かな人生を送れるようになる。」ことと考えるようになりました。
自信が人間的成長を遂げることで家族へ良い影響を与え、幸せな関係を作れる。
それが出来れば、職場で良い影響を与え、良好な関係を作れるようになる。
以上のことが出来て初めて業績の向上に繋がるとも考えるようになりました。

かれこれ一年半継続していますが、良い変化のあったこととして、
・社員さんがとっても前向きになりました。
・採用にしても来客にしても人が集まってくる会社になりました。
・顧客が顧客を紹介して下さいました。
・まだ入社して間もない社員さんで勉強中ですが、一生懸命に学ぼうとしてくれます。
・業績アップ六か月セミナーを受講していて、特にあれを削減これを削減とは
 言わずとも、私が「こんな勉強をしてるんだよ」と伝えると、社員さんの方から
 提案してくれます。固定費ことでも売上げのことでも凄く気にかけてくれます。

百利あって一害無しといっても過言ではありません。

本日開催した、コラボレーションオンライン共に学ぶ会を実施しての感想は、
始める前と終わる時とで全員の顔つきが輝くように変化していたことです。
おべんちゃらでもなんでもなく、本当に実感したことです。

今日も楽しく勉強が出来たことに感謝。
ありがとう。

5月度勉強会

社員Tです。
本日Zoomを使って勉強会を開催しました。
コスモ教育出版の堀本さん、ライフマインド住宅販売株式会社の角倉さん、藤田さんにも初めてご参加頂きました。



グループに分かれて、「勉強会を開催する意義、目的について」意見を発表し合う。
                 ↓
堀本さんより勉強会を開催する目的、効果、よりよいものにするためのポイント等をご説明頂く。
                 ↓
グループに分かれて、テーマ「あなたの’やる気のもと’は何ですか?また、それはなぜあなた自身にやる気の火をつけるのでしょうか?」について、意見を発表し合う。

という流れで行いました。

皆さんのお話やご意見をいくつか紹介させて頂くと・・・

・仕事をしていく上での正しい判断基準を培い、他社が問題や逆境を克服した事例から自らの仕事にいかせることを学ぶ為、勉強会に参加している
・勉強会に参加することで、忘れていたことに改めて気づかせてもらっている
 起業時の初心や理念がぶれてきたときの軌道修正にもなる
・勉強会を通して、他のメンバーの思いや考えを知ることができ、一人一人の成長と会社全体の成長の両方につながる
・勉強会の開催はあくまでも手段、開催すること自体が目的になってはいけない
・’やる気のもと’は「ありがとう」の言葉、周りに肯定してもらうこと、達成感、楽しいという気持ち
・to doリストを作成し業務が終われば消すようにしているが、それぞれの業務の目的が達成できているか、形だけなく中身を考え中身が達成できたかが大事
・いつもと違うメンバーと意見を交換することで、新たな気づきや学びがあった
・意見を発表するというアウトプットを行うことで、自分への落とし込みにもなる
・学び続けている人からは学ぶことが多く、学んでいる人は表情も違う

など、様々な意見が出ました。

冒頭、堀本さんより水谷工業株式会社の京極社長の言葉「技術は人格の上に立つ」が紹介されました。
これは職人業界で「技術があったらいいだろ!」って人が多い中、
「それは違う。本当の技術というのはは、人格の上に立つんだ。
    だから、片付けができる。挨拶ができる。お礼の手紙が書ける。
    そういったことができる人じゃないと、本当の技術じゃないんだ」
というお考えから発せられた言葉だそうです。
先日高校野球の強豪、作新学院の小針監督のインタビュー記事を読んだのですが、小針監督は人格がプレーに出るというお考えで、作新学院の野球部も県大会で優勝した翌日の練習は地域のごみ拾いと応援してくださった方へ感謝の気持ちを伝えることからスタートするそうです。

仕事に直結するスキルを学ぶことももちろん大切ですが、人としてどうあるか、どう生きるのかについての学びを深めていくことも、いい仕事をするために、いい人生を生きるために必要なことだと、改めて感じました。
今回も、とても楽しく実りのある時間になりました。
今日学んだこと、気づいたことを今日限りのものにせず、前進していきたいと思います。
ご参加頂いた皆様、貴重な時間を割いて頂き、ありがとうございました。

自社は何業?

本日のお題は【自社は何業?】という観点で書かせていただきます。

 

 

以前に、別の経済団体の懇親会で舗装業の方と同席しました。

その会社は道路などのアスファルト舗装を専門に施工される会社です。

自企業の紹介をする順番が来て、その方は自企業をこう紹介されました。

「私たちは世界地図を描いている会社です。」

ズバリ、「世界地図作成業」ということです。

その言葉には夢があり、掻き立てられるものがありました。

何なら西川きよしばりに目が飛び出ました。

確かにその通り、道路の舗装をするということは、

地球というリアルキャンバスに地図を描いていることになります。

それも世界中で誰よりも早く地図を描いている。

その速さはGoogleにだって負けない。

地域一番どころか世界一。

こう考えれば、どんな会社にも世界一はあるということです。

 

六ヶ月間の経営セミナーを受講していて、現在折り返し地点です。

経営セミナーが終わるまでに、自社での答えを探し出します。

今日も無事に一日が終わったことに感謝。

ありがとう。

田中ウルヴェ京さん

こんにちは、社員Tです。
皆さん、田中ウルヴェ京さんってご存じですか?
元女子アーティスティックスイミング(シンクロナイズドスイミング)選手で、今はメンタルトレーニングの指導士として、スポーツ選手のメンタルコーチや企業コンサルティングをされています。
私はお名前以外ほとんど何も存じ上げていなかったのですが、先日「チマタの噺」に出演されていたときのお話が印象的だったので、紹介させて頂きます。


メンタルコーチを担当されている車椅子バスケットボール男子日本代表チームについてのお話から~
・振り返るという動作を普段ならできない人が試合の時だけはなぜか振り返られたりする
・この人の障害では、このシュートは出来ないはずなのに、出来ちゃう
などが、一番感激するところで、オリンピックよりも限界以上のことをやっている感じがする
とお話しされていました。
意志、気持ちの強さが理屈を超えるってすごいです。
以前ある新聞記事で、大きな病気や怪我をしてそれを克服された方は、以前に比べて幸福度が増す人が多いという記事を読んだのですが、自分に負けないことがどこまでいっても大切なんだと改めて感じました。

田中ウルヴェ京さん、とても素敵な方でした。
お母様がパワフルで明るい方だそうで、私も子どもにいい影響を与えられる、素敵なお母さんでいたいと思います。